つぶつぶマザー紹介

村上可奈子

【 未来食セミナーScene1公認講師 】

村上可奈子

1人暮らし

活動名 | つぶつぶカフェ早稲田店

東京都

311をきっかけに山形いのちのアトリエへ、2013年9月からはつぶつぶカフェでつぶつぶシェフ修行中です。働き者の母親から受け継いだ天性の気働きのある仕事力を生かして、人々を感動させる料理の腕を磨き、私ならではのつぶつぶの活動を育てていきたいと思っています。カフェに来たらぜひ声をかけて下さい。
村上可奈子

研修生活を通して、日々の幸せを感じられるようになった

  福島在住で311の被害にあい、現状に対する見えない不安と放射能に対する恐怖でいっぱいでした。 つぶつぶに出会って、向き合うべきは自分の生き方だと気が付き、仕事を辞め、山形・いのちのアトリエで1年半研修生として経験を積みました。 研修生活を通して、空の色、森の色・・・些細な変化で季節の移ろいを感じ、毎日の暮らしを幸せと感じられるようになり、放射能にこだわらなくてもいいと思えるようになりました。 そして、小さい頃から嫌いだった家族を、自分を好きになりました。

自然に沿った暮らしの素晴らしさを伝えていきたい

つぶつぶに出会ってから、色んなミラクルを体感しました。強ばっていた頬肉が柔らかくなり、笑顔が自然になりました。 以前は人づきあいが苦手で人と関わりたくないと思っていた私が「人が好き!」「もっと出会いたい!」という気持ちに変わりました。 このミラクルなつぶつぶを、みんなに知ってほしい!! 自然に沿った暮らしの素晴らしさや、料理が人生を変えることを伝えていきたいです。

フクシマ311の避難区域の隣接地の出身。福島につぶつぶを広めるために短期集中でつぶつぶを学び続ける真っすぐな姿勢がまぶしい。