つぶつぶマザー紹介

高橋信子

【 未来食セミナーScene1公認講師 】

高橋信子

6人暮らし[夫、長男(小学生)、次男(幼児)、長女(小学生)、次女(幼児)]

活動名 | 岩手いのちのアトリエつばさ

岩手県

つぶつぶのグローバルコミュニケーションを担当!

有機認証の黎明期にNGOスタッフとして国際会議に参加したり、国際組織に意見書を出すなど、日本の農業事情を国際基準に反映させた実績を持つ。 その英語力を生かし、2000年につぶつぶ(旧いるふぁ)が開催した「国際雑穀食シンポジウム」の通訳を担当。 その後、つぶつぶ、そして天女の学びと実践を通して世界を変える方法を確信した。 自らエコロジカル&グローバルな視点で環境や農林業を探求して来た優秀な人材として様々な団体からオファーがあったが、つぶつぶマザーの道を選んだ。 ゆみことタッグを組んで、つぶつぶのグローバルコミュニケーターとして、世界を変える夢の実現に向けて活動している。

2013年11月、雫石町に念願のエコハウス「岩手いのちのアトリエつばさ」が完成しました。無垢の木と自然素材、緑豊かな自然に包まれた心 地よい空間で料理講座やランチ会、セミナーを開催しています。 農業研修がきっかけで東京から岩手へ移住し、伝統的な雑穀文化や暮らしを丸ごと体験したり、雑穀の栽培から流通まで現場を見てきたことが私の強みです。
高橋信子

ありのままの自分で、「今ここ」を楽しむ毎日

  私は、20代半ばまで、結婚・出産に全く興味がなく、家事や料理は価値がないものと思い込んでいました。優しい夫に恵まれ、つぶつぶと出あ い、実践してきた今は、何と4人の子宝に恵まれ、毎日料理をし、ワイワイ楽しく暮らしています。また、以前は熱く夢を語りながらも、自己嫌悪 や絶望を抱え、そのギャップに苦しんでいましたが、不安や批判心を手放し、ありのままの自分を受け容れ、「今ここ」を楽しんで生きるようにな りました。

静かで美しいつぶつぶ革命の輪を地球大に広げたい!

私は子どもの頃から「平和に貢献したい」という気持ちを強く持ってきました。 食の安全を守る市民運動に没頭し、NGOの立場で国際会議に参加したこともあります。 でも、次第に批判や戦いの運動に限界を感じ、地域や暮らしに根ざした活動を模索する中で、つぶつぶに出会いました。 つぶつぶマザーの活動は、日々の暮らしや家族のいのちの平和を守りながら、自分の言葉と思いと行動で世界を塗り変えてゆく 「静かで美しい革命」。その輪を地球大に広げることが私の夢です。

一見、物静かな印象、じつは意志の強い情熱あふれる革命家。つぶつぶという静かな美しい革命で世界をひっくり返す夢の相棒。