ニュース&イベント

ニュース&イベント
[資料請求受付中] つぶつぶ料理コーチ養成講座2023 募集要項
ニュース
[資料請求受付中] つぶつぶ料理コーチ養成講座2023 募集要項

健康と経済と心の自由を まとめて叶えよう!
あなたの暮らしの場で 収入を得ながら自分磨き

つぶつぶ料理コーチは、家の中に心の通うワクワクする仕事を創造し、
家の中にお金の流れと社会を引き込む、新しい働き方の提案です。

ある本に、宇宙語では「学ぶ」と「教える」は一つの言葉だと書いてありました。
そうなんです。伝えることで学びが進むのです。

わが家を居心地のよい場に育てながら、毎日の暮らしの延長としてつぶつぶ料理コーチの活動をすることで、料理の技や伝え方を練習しながら、さらなる学びの費用が得られます。

自分の腕が上がるのと並行して収入も増えていきます。
社会に出て行って時給で雇ってもらうのではなく、お金をかけて外に遊びにいくのではなく、人とお金と遊びの流れを家に引き込みます。

部屋はきれいになり、おしゃれも楽しくなり、おいしいものが満ち溢れる家に子どもたちも家族も大喜びです。
女性の性質と役割にあったあたらしい仕事のカタチ、それがつぶつぶ料理コーチです。
一生学び続け進化し続けるワクワク、キラキラの人生がここからはじまります。


- - - - - つぶつぶ料理コーチ養成講座 概要 - - - - -

〈活動の目的〉
1 つぶつぶ手料理のおいしさと楽しさに出会い実践する人を増やす
2 家族みんなが満足するおいしさの技術を伝える
3 自分や家族の健康を守れるつぶつぶ手料理術を伝える
4 細胞を若返らせ、美肌と理想の体型を手に入れる料理術を伝える
5 生命を輝かせる食生活「未来食つぶつぶ」が当たり前の社会環境作りに貢献する

〈講座内容:全6回〉
・基本マインド / ネーミング
・自己紹介 / つぶつぶの活動紹介
・教室カリキュラムと価格の設定
・教室環境
・受講生の集め方・運営のコツ / シンプル経理術
・継続して通ってもらう方法
・自然食の世界の基本知識
・つぶつぶ料理の基本技   etc...

〈受講資格〉
・ つぶつぶ会員であること
・ つぶつぶ食生活を家族ぐるみで実践している *家族でつぶつぶを楽しむ暮らしを目指している
・ 心身ともに健康であること(なんらかの病気や持病をお持ちの方は、事前にご相談ください)
・ 「未来食セミナーScene1・2・3」を修了
・ 「天女セミナーScene1入門・2目覚め」を受講していること
・ 仕事として取り組みたい人

*第15期から、未来食スクールシーズンマスターコースの受講は必須ではなくなりました。
   ただし、ご自身のスキルアップのために、養成講座と同時または受講後に受講するのがおすすめです。

  *他の仕事をしていても活動できます。ノルマは一切ありません。
※食や健康に関する仕事についている方は事前にご相談ください。

<教室開講までの流れ>
適性試験&面談 → 養成講座受講(3ヶ月) → 認定試験 → 合格!ライセンス取得申込 
→ つぶつぶ料理教室開講! *最短で9ヶ月で教室を開講することができます。
*つぶつぶ料理コーチの資格は単年度更新制です。
 

〈認定システム〉
・適性試験&事前面談
・認定試験(有料):筆記と実技
・単年度更新制(有料の更新認定セミナー受講)


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

*詳細を知りたい方は、下記より資料を請求してください
> 資料請求請求フォーム

また、この講座についてご意見・ご質問がある方はつぶつぶエンジンルームまでご連絡ください。(TEL 03-3203-2090 / MAIL info@tubu-tubu.net)

2023年国際雑穀年記念「つぶつぶ雑穀パワーフェス
イベント
2023年国際雑穀年記念「つぶつぶ雑穀パワーフェス

お申し込みは
https://zakkokunen.hp.peraichi.com/

2023年初!全国一斉サテライト開催「未来食セミナーScene1」募集開始!
セミナー
2023年初!全国一斉サテライト開催「未来食セミナーScene1」募集開始!

2023年初!全国一斉サテライト開催「未来食セミナーScene1」募集開始!

【1/31まで期間限定無料募集】7つの食習慣汚染メール講座
ニュース
【1/31まで期間限定無料募集】7つの食習慣汚染メール講座

https://seminar-page.tsubutsubu.jp/shokushukan7

大谷ゆみこの「天女セミナー2023」3月25日(土)~26日(日)開催決定!<期間限定>無料メール講座プレゼント中♪
セミナー
大谷ゆみこの「天女セミナー2023」3月25日(土)~26日(日)開催決定!<期間限定>無料メール講座プレゼント中♪

大谷ゆみこの「天女セミナー2023」3月25日(土)~26日(日)開催決定!

最新情報は天女メール講座へ登録
https://go.tubu-tubu.net/l/289142/2023-01-11/2cqqf3r

本気の食リセットプログラム2023、資料請求開始
ニュース
本気の食リセットプログラム2023、資料請求開始


本気の食リセットプログラム2023、資料請求開始しました。

 1月20日まで!お年玉半額キャンペーン!!
ニュース
1月20日まで!お年玉半額キャンペーン!!

お年玉半額キャンペーン!!

Youtubeなどでは公開していない
「未来食つぶつぶの超人気レシピ」が
自宅で、何度でも、動画で一気に学べる!

しかも、「お年玉半額キャンペーン」中なら、
「料理教室に通ったら30万円以上」もする
ボリュームがなんと
「10分の1以下」で学べるチャンスです!

大谷ゆみこの雑穀グルメクッキングDVD
vo.l1~5【5巻セット】
ーーーーーーーーー
雑穀料理のおいしい料理方法のポイントがひとめでわかる!
体と食べ物と心のホントの関係、塩、油の重要性、ダイエット、卵、砂糖など気になる話を大谷ゆみこが語るミニ講座も収録。
完全レシピ付き。
ーーーーーーーーー
数量限定!
なくなり次第終了!
1月20日までの期間限定!
お見逃しなく。


特にこういう方におすすめ

☑近くに料理教室がない
☑料理もスイーツも早く学びたい
☑介護・お仕事・など色々な事情で、料理教室へ通えない
☑レシピ本に載っていない人気レシピが知りたい
☑いつでも、何度でも料理シーンを確認したい
☑レシピ本をみただけでは、うまく作れない
☑お得に学んで、おいしく作れるレパートリーを増やしたい
☑料理だけでなく、未来食つぶつぶの考え方も色々な角度から学びたい
詳しくはこちらをご覧ください。
▽ ▽ ▽
雑穀グルメクッキングDVD (tsubutsubu.jp)

※半額キャンペーン価格での販売はこちらのサイト限定です。
 ご注意ください。

自宅で、おいしく・楽しく
未来食つぶつぶ雑穀グルメクッキングを始めませんか?
1月20日まで「お年玉半額キャンペーン」中!!
▽ ▽ ▽
雑穀グルメクッキングDVD (tsubutsubu.jp)
 

【先行募集】未来食セミナーScene1☆2023年春全国一斉開催スタート
セミナー
【先行募集】未来食セミナーScene1☆2023年春全国一斉開催スタート

2023年春の未来食セミナーScene1


全国一斉開催の先行募集がスタートしました!


 


 16日までの期間限定で 


未来食セミナーScene1が割引で受講できます。


 


 割引クーポンは、 


セミナー公式LINEに友達追加したら、


メニューの割引クーポンをタップしてお受け取りください。


 


 


 未来食セミナー公式LINE 


 


友だち追加


【期間限定】配偶者・ユース割引復活!
セミナー
【期間限定】配偶者・ユース割引復活!

【春の新生活応援キャンペーン】
今回の春の未来食セミナーScene1を対象に
期間限定で特別割引募集しています。

配偶者割引&ユース(25歳以下)割引

通常価格から3万円の割引で
お申し込みいただけます。

*配偶者割引とは、Scene1受講者の配偶者、またはScene1申込者の配偶者の方向けの割引です
*ユース割引とは、申込時に25歳以下の方向けの割引です。Scene1受講時に25歳を超えていてもOK!


配偶者&ユース割引でのお申し込み希望の場合には
以下よりお問い合わせください。
割引クーポンコードをお伝えします。

お問い合わせは
↓ ↓ ↓


 




<男性受講者の声>

NPO法人日本ベジタリアン協会代表、歯学博士 垣本充さん


つぶつぶ菜食は、伝統的な和食の形態を維持しつつ、栄養的にも充足しており、世界に通じる洗練された「究極のビーガン(純菜)食」だと思います。
かつて、菜食はタンパク質不足を招くと言われたことがあります。
これは全く間違った説で、ハーバード大学医学部栄科のステア教授によれば、ヴィーガン(純菜食)はタンパク質を1日平均83g、ベジタリアン(乳卵菜食)は98g摂っていて、米国成人男性1日あたり72gを大きく超えてタンパク質を摂取しています。

穀物を中心とする日本型の純菜食では、穀類に不足している必須アミノ酸のリジンを豆類で補えば、タンパク質での栄養的な問題は発生しません。

2009年には、米国栄養士会が「適切に献立された菜食(ヴィーガンを含む)はある種の病気の予防だけでなく治療にも有効である。また、入念に計画された菜食は、妊娠・授乳期、乳幼児期から老齢期までのすべてのライフサイクルで栄養的に適切である」と菜食を科学的に支持する論評を公表しています。


建築家・田中大造さん


生活の基礎に「衣食住」があります。私は住宅を設計するので「住」の専門家と言えます。でも、そこから「住」だけを取り出して設計する事はありません。ただの箱にしかならないからです。「衣食住」は三位一体として身体と響き合うものです。

住まいの中で、家族が一番大切にしているのは「食」だと思います。その為、設計者は「食」を起点とし、家族の生活動線を探します。「食」にはキッチン、ダイニング、食品庫などが付属しますが、家事という枠で捉えると、玄関から洗面所、脱衣所、洗濯乾燥エリア、クローゼット…とあらゆる生活動線の中心に位置します。冷蔵庫は皆んなの人気者ですしね。この生活動線が骨格となり、響き合う各空間を肉付けする事で、その家族らしい住まいの形が出来るのです。

外装とインテリアは、住まいにとっての「衣」と言えます。外装は我家に帰ってきたんだな、という実感を与えてくれます。一方でインテリアは身体を包む景色であり、身体と触れる分、肌に近い存在です。その為、家族の中でも素材や色、デザインの意見が分かれます。それでも、「これ良いよね!」と皆の響きが合うデザインを探します。「衣」が決まればあなたの家族らしい住まいの姿が見えてきます。

「人はどんな環境にも適応しようとする動物である」と言います。言葉を変えると「良く無い環境にさえ人は慣れてしまう」と言えます。先の「ただの箱」の中の生活でも人は慣れてしまうのです。だからこそ、住まいと同じように身体の環境「衣食住」を日々観察し、メンテナンスする事が大切なのです。未来食セミナーには身体と響き合う「衣食住」の総合的な学びと探求の場があります。身体の始まりは「食」。

いざ「未来食」から始めましょう。


<男性実践者の声(動画)>

つぶつぶ実践で男性に怒った変化(体調編)


【実体験】食を変えたら、薄毛・癖毛・剛毛の悩みが解消!髪質まで変わる食事とは?!


専門家が語る!食を変えて平熱が1℃上がり、タフになった体験談!